雄大な大自然を体感できる西表島

沖縄県八重山郡竹富町に西表島という沖縄県でも2番目に広い離島が存在します。

■沖縄県の離島でも2番目の広さを誇る西表島。

西表島とは、八重山諸島で最大の広さを持つ島であり、沖縄県に位置する離島で2番目の広さを誇る沖縄県八重山郡竹富町に属する離島です。
具体的には、西表島の面積は約289kmで、周囲は130km、沖縄県で沖縄本島に次いで2番目に大きい面積を持っており、日本全体の島でも12番目の広さを持っています。
そんな広い西表島の面積の90%以上が亜熱帯特有の自然林で覆われており、山の斜面も森林も海の間近まで広がっているので、平地がほとんどないことが特徴です。

■仲間川マングローブクルーズでは仲間川のマングローブ林を鑑賞できます。

仲間川マングローブクルーズとは、日本最大級の西表島のマングローブ林を鑑賞するためのクルーズです。
具体的には、仲間川の全長は約17.5kmあり、マングローブ林の広さは約200haも存在します。
仲間川マングローブクルーズでは、船長による面白くて楽しい観光ガイドを交えながらめぐるので、マングローブ林や西表島の自然について学びながら自然を鑑賞することが可能です。
大原港に向かえばすぐに仲間川マングローブクルーズに参加できますが、運航に必要な最低限の潮位がないときは運航できないので、予定を立てる時はそのつもりで注意しましょう。

■マリユドゥの滝は日本の滝100選にも選ばれている迫力満点の滝です。

マリユドゥの滝とは、浦内川上流に存在する滝で、日本の滝100選にも選ばれています。
豊富な水量に特徴があり、落差20メートル以上の2段構造になっている滝は迫力満点です。
さらに、水しぶきが丸い滝つぼに流れ落ちていく景観と轟音は、穏やかな森の中にあってどことなく荘厳で神聖な雰囲気を醸し出しています。
直径130メートルの滝つぼ周辺には、亜熱帯に特有の木生シダが林立している姿も鑑賞可能です。

■浦内川ジャングルクルーズに参加すれば遊覧船で浦内川をめぐることができます。

浦内川ジャングルクルーズとは、西表島にある浦内川を遊覧船でめぐるクルーズです。
浦内川とは、長さが約19kmもある沖縄県内でも最大級の川で、浦内川ジャングルクルーズでは、その内の上流8kmの間に遊覧船を運航してめぐります。
浦内川ジャングルクルーズで乗る遊覧船は非常に安定しているので、船酔いが心配な方でも気軽に参加することができます。

面積の90%以上が自然林で覆われている西表島では、雄大な大自然を体感できます。

関連記事:

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫