落ち着いた雰囲気で自然と文化が楽しめる伊計島

沖縄本島中部の北東のうるま市には、伊計島という自然が豊かで落ち着いた雰囲気の離島が存在します。

■伊計島はのどかな自然と落ち着いた雰囲気が特徴の沖縄本島中部の北東に位置する小さな離島です。

伊計島とは、沖縄本島中部の北東のうるま市に存在する小さな離島です。
平安座島と宮城島を通れば、本島からレンタカーで訪れることが可能です。
島内はサトウキビ畑が広がっているのどかな島であり、落ち着いた雰囲気で伊計島特有の豊かな自然を堪能できます。

■仲原遺跡とは、縄文時代に人々が暮らしていた姿を実感できる遺跡です。

伊計島のほぼ中央部の平野では、縄文時代に人々が暮らしていた村の跡である仲原遺跡が存在します。
遺跡の北側海岸には、縄文時代から近年まで使われていたと言われているインナガーと呼ばれる自然の湧き水があります。
遺跡一帯はもともとサトウキビ畑であり、土地改良事業を実行するにあたって、事前に発掘調査を行った結果に出てきた遺跡が仲原遺跡です。

■仲原遺跡は、約2500年から2000年前である縄文時代晩期の村の姿を現代に伝える歴史的な価値がある遺跡です。

仲原遺跡の発掘により、それまでずっと不明であった、約2500年から2000年前までの沖縄県の縄文時代晩期における村の広がりや住居の様子などが具体的に判明しました。
遺跡と同時に、遺物として土器の壺や鉢にはじまり、石斧類や骨製の針、錐などの道具類に加えて、当時の村の人が食べ残したと考えられる動物や魚の骨類、貝殻類などまでが出土しました。
仲原遺跡は、縄文時代における沖縄に住んでいる人々の生活を伝える歴史的に価値ある遺跡です。

■伊計ビーチはあらゆる観光客と地元の人が入り混じって海水浴を安心して楽しめるビーチです。

伊計島には、地元の島民にも人気が高く、海水浴からバーベキューまであらゆる遊びを楽しめる伊計ビーチが存在します。
旅行に訪れた観光客以外にも、休日になると地元の人も伊計ビーチを訪れます。
海も透き通るようにきれいで、砂浜もきちんと整備されていますし、ビーチの監視体制もしっかりしているので、観光客と地元の人が入り混じっていても安心です。
伊計ビーチは、家族連れからカップルなどの複数人での旅行から、個人旅行まで安心して海水浴を楽しめるビーチと言えます。

伊計島では、落ち着いた雰囲気で歴史的に価値がある遺跡を鑑賞したり、地元の人と入り混じって海水浴を楽しむことができます。
落ち着いた雰囲気で島独自の自然と文化を味わいたい方には最適な旅行先です。

関連記事:

≪ 前の記事: を読む